<Back>

No.

MODEL/PHOTO

作業内容

あくまでも個人的な感想

105

ASTURIAS A-8

サドル交換

1弦のピッチが気になる。そんな依頼でした。この辺の作業はお手のもの。

104

BART REITER

5st. OPEN BACK

スライドカポ修正

バート・レイターを手掛けるのは初めてです。スライドカポの押さえが甘い。そんな依頼でした。位置を移動し、スプリングを手直し。オーケーでしょう!い〜音します。

103

YAMAHA LL-23J

ナット交換

昨年お買い上げいただいたヤマハです。ナット幅が狭い!フィンガーピッキングをやりやすくして欲しい。そんな依頼でした。43ミリのナットに44ミリピッチの溝を切るためにナット交換です。ギリギリ納まりますが、なれない方は6弦がフレットから落ちる可能性があります。もし、同じ事を希望する方がいらっしゃいましたら、ご来店下さい。私のタカミネが同じ改造をやってありますので、試奏できますよ。

102

TAKAMINE PT-406

サドル交換

先月お買い上げいただいたタカミネです。フィンガー用にセットしてあったのですが、あまりに気に入ってしまい、ストロークでもハードヒット出来るようにサドルを交換して欲しい。そんな依頼でした。はい!このとおり。千葉からの依頼でした。

101

Martin D-18

(1977年 389796)

ナット交換

指板修正

フレット交換

サドル交換

ブリッジ修正

フレットが減って凸凹、ピッチのずれが気になる、ナットがおかしい、弾きにくい!!そんなテンコ盛りの依頼でした。ナットはオリジナルのミカルタでしたが、一度はずされた形跡がありました。取り付け方はあまり良くありませんでした。フレットも交換されていましたが、溝の状態があまり良くありませんでした。すべて修正し、弦高を下げて、出ましたよ!枯れています!!本当に素晴らしいマホガニーサウンドがよみがえりました。私も大満足!今回の苦心の跡はこれ!北海道からの依頼でした。

100

Ko'olau #400

サドル交換

ピックアップバランス

B-バンドを入れてあるけれど、4弦だけ音が弱い。3弦のピッチが気になる。そんな依頼でした。調べてみたら、サドルとピックアップの間に隙間を発見!ローズウッドで基台を造り、サドルも交換しピックアップとの接触を強化。結果、4弦の音は出てきたし、3弦のピッチは完璧ではないけれど補正できました。う〜ん!ウクレレは難しい!!それが実感です。山形からの依頼でした。

099

TAKAMINE PT-206

ナット修正

サドル交換

ブリッジピンホール修正

オール・ハワイアン・コアのビンテージ・タカミネです。ローエンドを失わず弾きやすくして欲しい。そんな依頼です。弦高を下げる具合を慎重に行い、なんとか出来上がりました。ポイントは12Fの弦高より1Fの弦高ですよ。さらに、ナット溝とブリッジピンホールに手を入れて、コアらしい明るい音に仕上げました。エレアコらしからぬ素晴らしいサウンドです。千葉からの依頼でした。

098

Kansas W-200

ナット修正

サドル交換

フレットすり合わせ

ブリッジピンホール修正

何年ものかは不明ですが、鈴木バイオリンのビンテージです。時間が造った鳴りは『本当に全合板?』と思ってしまいます。発売当時の価格より高いチューン代でしたが、やって正解でしょう!そんな金額では手に入らないサウンドになりました。千葉からの依頼でした。

097

Gibson 1963 J-45

ナット交換

サドル交換

ブリッジピンホール修正

弾きやすくして欲しい。そんな依頼です。ナット、サドルは『ビンテージボーン』をご要望で、『乾いたマホらしい音』を意識してチューンいたしました。工場出荷セッティングは滅茶苦茶ですが、ポテンシャルの高いモデルですね!こいつは。思わず欲しくなります。ほんと!三重からの依頼でした。

096

Gibson Gold-Top

フレットすり合わせ

2月も1月同様レフトハンドでスタートでした。ハイポジでの音のビリ付きです。フレットのすり合わせで回避。